困るのは自分だけ

衝動で辞めたところで他人は迷惑に感じない

現実問題として考えてみると、転職や退職といった道が諸刃の剣であるかは言うまでもないことだ。その選択肢を選ぶことにで確かに感じていた苦しみから解放されることもあるかもしれないが、解放された直後に待っているのが、収入のない食べるにも事欠く生活が余儀なくされるなどといった展開を受諾させられてしまう。事前に蓄えがあるならまだしも、計画的に貯金しているなら少なからず生活は出来るが、全く突如として辞めてしまっても誰かが困る事は最初だけで、後はいなかったものとして扱われるものだ。どんなに汗水たらしても残るものは時としてないものだと個人的に考えている。日々の業務で忙しいのは何処も同じだが、その忙しさの中で自分が満足できる労働環境にするための整備も並行して自分の進退を見定めなくてはならない。そして無事に辞めることに成功しても、その一歩先を踏み出すまでが非常に長い道となっている事が多いからこそ、人生は甘くは無いのかもしれない。

ただその道があまりにも険しく、そして長すぎることもあって道を歩いている人の中には立ち止まってしまう人もいるだろう。そしてその瞬間こそ、SNEPと呼ばれる人々の誕生なのかも知れない。孤立無業者と呼ばれる人々が多く見られるようになったのはここ数年こそ、顕著すぎる数で増えているのを実感できるところだ。またそんな社会の闘争に膝をついてしまって、敗者の苦渋を舐めさせられるといった辛酸を経験したことで、労働に対しての意欲が損なわれてしまう。困るのは確かに困るのだが、孤立無業者と呼ばれる人々は通常のニートとは決定的に異なる点が存在している。

哀愁のハロワ通い

活動していることには活動している

SNEPと呼ばれている人々は、ニートと呼ばれている大半が引きこもりとなっている人々と違って、外出する頻度は通常状態の人と遜色は無い。ニートよりかは健康的ではある、それもそうだろう。彼らの中には現状を打破するために何とか就職を見つけようとしている人もいるからだ。もちろん中には通常のニートと変わらない生活をしている人もいるだろうが、将来的な不安を考慮してみれば先が暗いのは変わりない。

SNEPになんて自分はならないと思っていても、状況によっては簡単にそこまで転落してしまうこともある。そうならないようにするためにも、転職を機に退職した人はきちんと退職後の生活が安定するように計画を立てなくてはならない。この時においてもやはり他人に頼る事無く、自分で自分の事を最低限出来るようになっているのが理想といえる。

ただどうしてもうまく行かないと壁が幾重にも立ちはだかる事はある、そんな時は正直無理をしてまで倒壊させるために動くような無謀さをもつべきでもないだろう。物事がうまく行かないときは一端立ち止まって、周りを見渡してから自分が今するべき事は何かを考えてみる、また転職活動があまりうまく行っていないのであれば時間を置いてから活動を再開するのも1つ。もちろんこの時も求人を見逃さないようにしたい、ただ見るだけならそれほど苦でもないだろう。肩の力を抜いて、うまく行かないときこそ休憩を取れば自然と仕事も見つかるものだ。焦っているときほど気持ちが空回りしてしまい、何をしてもうまく行かないと苛立ちを覚えることもあるかもしれない。

急ぐ事も大事だが、自分の肉体と体のバランスが均衡を保てていなければ休息を取る、これはどんなことをする上でも立ち止まってみたら案外いい事が起こったりするものだ。

哀愁のハロワ通い

開業をお考えならまずはご相談ください!クリニック 開業支援するならメディカルフロントのクリニック開業支援.com。成功率100%を誇る当社が独自のノウハウであなたの開業をお手伝いします!

再生しにくい社会の中で、何を求めるか

現代日本の社会構造では一度、落ち込んでしまった人間は二度と再起できない、または元いた場所に戻るのは至難の業だと話している人もいる。先の外資系企業の元社員も、今の日本は再チャレンジが出来にくい社会だと述べている。等しく同意できる言葉だ、もちろん見事なまでに復活を遂げる人もいるが、そこに至るまでに他の人間の助力があってこそだ。SNEPという孤立無業者は家族以外の知人もない状態では、以前までの生活を取り戻すことは決して容易なことでは無い。

今後も更にSNEPと呼ばれる人々の数は増えていくことになるだろう、社会情勢もさることながら、雇用問題についても今後どのような転機を迎えるのか、そして働いている人々にどういった影響をもたらすのか、現状に甘んじて自分のしたいことをどうにかして叶えたいと考えている人達はどうすればいいのか、これらの問題が解決し、被雇用者にとって働きやすい労働現場がどの業界でも共通して形成されることを、期待するだけは期待しておこうと思う。

孤立無業者にならないために

仕事をしなければ生きていけない、この事実がある限り働かなければならないのだが、誰しも一度職場から離れてしまったら『SNEP』になる可能性がある。だが人間、仕事だけをこなしていれば良いと言うモノでは無い、時に自分と冷静に向き合って進退を考えるのも時として重要な手段だ。このサイトではそんな現代に巣食う労働に付きまとう闇について考えるサイトだ。